ニューシアについて

ニューシア利用状況

「ニューシア」とは

「ニューシア(NUCIA)」は、原子力施設情報公開ライブラリーを意味する英語の名称 NUClear Information Archives の頭文字をとった略称で、国内原子力発電所や原子燃料サイクル施設の運転に関する情報を広く共有化するためのサイトです。

ニューシア運用手引き(PDF:約336KB)

トラブル情報等報告に関する法令等と報告基準(国内原子力発電所)

 原子炉施設の故障が原因で原子炉を停止したり、基準を超える放射性物質の漏れが発生した場合など、法令に基づき国への報告が必要となる事象をトラブルと呼んでおり、トラブルの内容や原因、対策などを「トラブル情報」と呼んでいます。

 このサイトへはさらに、機器・配管の小さなひび割れなど、国へ報告する必要のない軽微な事象であるが、保安活動の向上の観点から電力各社で共有化するだけでなく、産官学でも情報共有化することが有益な情報を登録しています。このような情報を「保全品質情報」と呼んでいます。 本サイトでは、 これらの「トラブル情報」と「保全品質情報」とを合わせて、「トラブル等情報」と呼んでいます。

トラブル情報
法令に基づき国への報告が必要となる情報
保全品質情報
国へ報告する必要のない軽微な事象であるが、保安活動の向上の観点から電力各社で共有化するだけでなく、産官学でも情報共有化することが有益な情報
その他情報
「トラブル情報」、「保全品質情報」以外の情報で、原子力発電所運営の透明性向上の観点から電力会社がプレス発表やホームページへの掲載などにより公表している情報

(例) 自然現象(落雷等)により発電所の送電が停止した事象、安全には関連しない日常の保守点検情報など

平成15年9月以前のトラブル情報等

平成15年9月以前の法令・通達に基づき国への報告が必要となる事象、および、国への報告には至らない軽度な故障等についても、電力各社が自主的に蓄積し電力会社間で(*)共有してきたものについては、情報をニューシアに登録しています。

(*)各社共有に関する基本的な考え方
  • 主要系統に係わる設備・機器に関する次にあげる事象
    • 出力変動(5%未満)に影響のある事象
    • 定期検査工程延長となった事象
  • 保安規定で定める運転上の制限の逸脱となり、必要な措置を講ずる事象
  • 自然現象等の影響により出力変動(瞬時を除く)等した事象
  • 新知見が得られた事象
  • その他、他の電力会社への水平展開が必要と判断した事象
過去の「法令・通達」

トラブル情報等報告に関する法令等と報告基準(原燃サイクル施設)

トラブル情報
法令に基づき国への報告が必要となる情報
保全品質情報
保安活動の向上の観点などから産官学で情報共有することが有益な情報
その他情報
サイクル施設で発生した事象のうち、「トラブル情報」、「保全品質情報」以外の情報で、透明性向上の観点からホームページ等で公表している各種情報

平成15年9月以前の国への報告基準

平成15年9月以前の事象は法令・通達(*)に基づき国へ報告しています。

(*)通達とは
 通達とは「科学技術庁原子力安全局長通達」をいい、法令に基づく報告義務がない軽微な故障等について、国に対し報告を指示した文書をいいます。
 平成13年1月の省庁再編により、サイクル事業の監督官庁は経済産業省となり、「経済産業省原子力・安全保安院長通達」として内容は変更されずに引き継がれました。
 その後、平成13年5月に同通達のうち再処理施設に関するものが改正され、平成15年10月の政省令改正により、「経済産業省原子力安全・保安院長通達」は廃止されました。
過去の「法令・通達」